トップページへ
改築記 2階































 


昔、お蚕さんをしていたので2階は大きな「ひとつの部屋」
土壁も床も、かなり痛んでいたので全てやり直しです。
埃と蜘蛛の巣だらけの部屋を大掃除。梁や柱も1本1本、綺麗にしていきます。
次は土壁塗り 古い土壁をはがしてから近所の山から頂いた土と畑の土に砂や藁などをまぜて
数ヶ月間、寝かせた土を使います。家族みんなで塗りました♪土壁塗りは楽しい
そして床はり 水平をとってから根太をはって断熱材を敷き詰めてからやっと床はり
床は柿渋を何度も塗って味のある色に時間が経てば経つほど良い色になります。
最後は、部屋の仕切りです!竹を組んで布を張る感じに襖も取り外せるようになっています。

 
 
お蚕さんようの
大きなひとつの部屋が
客室に変わっていくよ
 
痛んだ土壁を
はがしてから
土壁塗り
 
乾燥して
ひび割れないように
藁を入れます
       
 
 
断熱材敷き詰め
終了
 
いよいよ
床はり開始です
 
仲間達が
手伝いに来てくれた!
       
   
想い出の
最後の 1枚
 
床はりが終わったら
皆で雑巾がけ競争
 
解体した古民家から頂いた階段の手すりをつけます
       
 
 
皆で息を合わせて
はめ込みます
 
まだ白い
床板
 
柿渋を何度も塗ると
深みのある色に・・・
       
 
 
2階の高い天井
ちょっとした所にも・・・
 
麻布をはると
雰囲気も変わる
電磁波も防ぐよ
 
部屋の仕切りは
取り外しが出来るように
竹で組んであります
         
戻る

Copyright (C) 2007 KUBOSHUKU Some Rights Reserved.